ホーム > 院長挨拶

院長挨拶

院長挨拶

やまぶき接骨院 院長 河﨑 智

この道を志したきっかけや現在に至るまでの経緯をお聞かせください。

私はいわゆる野球少年で、中学生くらいまでは、プロ野球選手を目指していました。
強豪校でのセレクションを受けに行ったのですが、周囲のレベルが高いことにすっかり怯んでしまいまして、野球だけで高校に行くのは無理かなあ、と地元の県立高校に入りました。

進路を考えた時に、プレイヤーではなく、サポートをするトレーナーとして、スポーツに携わりたいと考えました。
知識がなく色々と調べていたところ、ある学校のパンフレットの卒業生がプロ野球チームのチーフトレーナーをしているという記事を見つけ、京都にある鍼灸の大学に入学しました。

ハリやお灸というものは、痛みだけではなく、内科的な分野など幅広い範囲で応用できる治療だということに魅力を感じ、そのままその道に進むべく、越谷の接骨院に就職しました。

現場で働くうちに、急性のケガに関する知識も必要だと感じ、柔道整復師の資格を取得しました。

この院を開院したきっかけを教えてください。
この院を開院したきっかけを教えてください。

その後、在学中にお世話になっていた先生が独立した院を手伝っていました。9年間そちらで働き、独立を考えるようになったのですが、良い場所がなかなか見つからなくて。

ここはジョギングをしている時にたまたま見つけた空き地だったんです。調べてみたらタイミングも良くてすぐ買うことができて、この院を開きました。

名前のことをよく聞かれるのですが、やわらかいイメージがいいなと思って、岩槻区の花でもある山吹の花を名前にいただきました。

治療に対するこだわりを教えてください。
治療に対するこだわりを教えてください。

とにかく患者さまのお話を聞くことから治療は始まります。
苦痛や愁訴をなるべくすべて聞き出せるよう、じっくりお話を伺います。
患者さまが書く問診票には、一番診てもらいたいところが書いてあるのですが、書いていただいているところ以外にも、実は複数の痛みを抱えている方が多いんです。

例えば、腕や足が痛いというお悩みでも、元をたどれば首や腰が原因となっている場合があります。問診や検査、そして実際に触れて治療しながら、患者さま自身にも本当の原因に気づいてもらい、それを治療することを心がけています。

スポーツのケガ・障害の治療に関してお教えください。
スポーツのケガ・障害の治療に関してお教えください。

高気圧酸素キャビンや、レボックス(マイクロアンペア治療器)など、トップアスリートが使用する最新の治療機器を取り揃えております。とにかく痛みを最短で取り去り、一日も早く復帰できるようなお手伝いができればと思っています。

また、スタッフは全員が運動経験を持つアスリートで、若いスタッフが多いので、運動をするお子さんと近い目線でのアドバイスを行うことができます。

治療だけではなく、トレーニングや練習、フォームに関してのアドバイスなど、スポーツに取り組む皆さまを内側から支える存在でいられるよう、日々最新の情報を取り入れる等、努力を怠りません。

機材を使った治療に関してはこちらをご覧ください!

院長経歴

院長 河﨑 智

院長 河﨑 智

昭和46年、埼玉県生まれ。
スポーツに携わる仕事を志し、京都の鍼灸大学へと入学。
資格取得後、越谷の院にて経験を積む。その後急性の怪我についても学ぶべく、柔道整復師の資格を取得。

せんげん台の院での現場経験を経て、平成16年やまぶき接骨院を開業。

スポーツを愛する岩槻の皆さまを応援します スポーツ外傷 スポーツ障害 やまぶき接骨院 〒339-0051 埼玉県さいたま市岩槻区南平野4-5-11 ホームページを見たとお伝えください 電話番号 048-790-2933 休診日 日・祝祭日
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒339-0051
埼玉県さいたま市
岩槻区南平野4-5-11

【診療時間】
月~金
9:00~12:00
15:00~20:00


9:00~13:00

【休診日】
日、祝祭日

詳しくはこちら