ホーム > こどものスポーツ障害

こどものスポーツ障害

こどものスポーツ障害

こちらでは、幼少期からの成長期、そして学生の皆さま向けのスポーツ・スポーツ障害に関する情報を記載しています。ご両親や、指導者の皆さまもぜひご一読ください。

幼少期のスポーツの意義

幼少期のスポーツの意義

まずは遊びの延長として、がんばりすぎないように

幼児期や、小学校低学年くらいのスポーツは「遊び感覚」がほとんどだと思いますが、時折、低学年から選手を目指してハードワークを行ってしまうお子さんがいます。骨や軟骨の発達が十分でないうちにハードな練習を続けると、かかとや股関節などに関節の痛みが出てしまう場合があります。

度を過ぎたハードワークは将来の成長障害へとつながるため、この時期は、柔軟性を身につけさせること、スポーツを楽しむことを目的とするのが一番です。

成長期のスポーツの意義

成長期のスポーツの意義

健全な心身の成長の為に、まずはスポーツを楽しむことから

お子さんにとってスポーツは、将来プロのアスリートを目指すために・・・・・・というよりも、まず“健全な成長”を促すために必要なことの一つです。

遊びでスポーツをすることによって、バランス感覚や柔軟性、筋力を身につけ、スポーツの楽しさを知ることに意義があります。
中学~高校生になると競技としての側面が強くなりますが、成長期段階でのオーバーワークには特に注意が必要になってきます。

成長期のスポーツで気をつけること

成長期のスポーツで気をつけること

成長段階の特徴的な故障がたくさん。クールダウンをしっかりと

小学校高学年~中学校あたりのいわゆる「第二次性徴」が起こる年代のお子さんには、特徴的な故障が起こりやすい時期です。
特にひざが故障しやすく、オスグッド病と呼ばれる成長痛や、分離症やすべり症といった腰椎の疲労骨折に発展することもあります。

これらは部活などで痛みを感じながらも毎日同じ運動を繰り返すことによって起こります。柔軟性が不足しているお子さんは特にリスクが高くなりますので、運動後の関節のアイシングや、前後の柔軟体操をしっかりと行うことで予防をすることができます。

学生(青年期)のスポーツで気をつけること

学生(青年期)のスポーツで気をつけること

疲労骨折やオーバーワークに陥りがちな青年期は“くせ”を直すことも重要

選手として立派に活躍する方が増えてくる高校生~大学生の時期では、外傷性のケガというよりも、日々の練習の衝撃が蓄積して、疲労骨折を起こすことがとても多くなります。

慢性的に痛む疲労骨折は、レントゲン等の画像診断では見つけづらく、腫れや熱感・痛みなど、実際の症状を鑑みて治療を行う必要が出てきます。

また、学生さんに限ったお話ではありませんが、誤ったフォームや、動きにくせがついていると、それが故障の原因となることもあります

当院ではこのような取り組みを行っています

治療はもちろん、ご両親や指導者の方に正しい知識を持っていただくことを心がけています

痛む部分を治療することや、ご自宅でできるストレッチを指導することは当然のことですが、何よりもスポーツのケガをしたお子さんに必要なのは“休息”です。

そのまま同じ運動を続けていると大人になっても残る変形にもつながるため、十分な休息をとることを、お子さん本人だけではなく、ご両親や指導者の方にも正しい知識を持っていただけるよう、お話をさせていただいております。

全員がバレーや野球、陸上などの選手経験を持っておりますので、学生の皆さんには、身体の構造から導き出される正しいフォームのアドバイスもいたします。

スポーツを愛する岩槻の皆さまを応援します スポーツ外傷 スポーツ障害 やまぶき接骨院 〒339-0051 埼玉県さいたま市岩槻区南平野4-5-11 ホームページを見たとお伝えください 電話番号 048-790-2933 休診日 日・祝祭日
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒339-0051
埼玉県さいたま市
岩槻区南平野4-5-11

【診療時間】
月~金
9:00~12:00
15:00~20:00


9:00~13:00

【休診日】
日、祝祭日

詳しくはこちら